雨漏りを改善してくれるスーパー職人~屋根の修理は業者にお任せ~

雨漏り修理の方法

女性

新築の物件でも雨漏りが起こる可能性があります。外壁や窓などに問題がある場合でも業者に修理をしてもらうことが大切です。防水シートだけではなく、様々なアイテムを使用して対策を行なう必要があります。

読んでみよう

住宅トラブルの改善法

エクステリア

雨漏りの修理にあたっては、この防水シートの重ね部分が剥きだしになっていないかを確認する必要があり、対策を講じます。防水シート自体は寿命も長く、劣化することはまず考えられません。よってこの部分だけを取り替えるということはまずないと言えます。その他については外壁や瓦の寿命は粘土系から窯業系、金属系、セメント系においても10年から30年といわれていますので、塗料の状態やシーリング材が劣化するとそのメンテナンスを行うことも時には必要となって来ます。

雨漏りの原因については色々なケースが考えられます。まず屋根瓦に割れが生じた時というのがあります。普通屋根工事は野地板を張って防水シートを引き、瓦桟を横方向へ打ち付けてその上に瓦を葺いてゆきます。ものの落下などで瓦が割れることがあります。その場合には割れた瓦を新しいものに取り替えるとかシーリング材でもって雨水が浸入しない手立てを打っておく必要があります。
あと外壁のヒビ割れやサッシュと壁の間に隙間が生じたりした時に雨水が部屋内へ浸入して来る場合があります。
雨漏りについては原因が何で、どこが元になっているのかを突き止める必要があります。換気扇回りとかサッシュ回りの隙間は年とともに劣化し、シーリング材も収縮してゆくので補修する必要も出て来ます。屋根は年を経るごとに雨風や直射日光、温度変化などによって劣化が進行して行きます。しかも具体的に雨漏りという状況が見られるまではなかなか気付かないものです。
屋根について原因として考えられるのは防水シートの重ねの部分に隙間が生じたことが疑われます。

点検で防げる雨漏り

住宅街

防水シートには寿命があるので、定期的に交換する必要があります。メンテナンスを行なうことで住宅の安全性を守ることも可能なので、信頼できる業者にメンテナンスを依頼することが大切です。

読んでみよう

様々な原因と修理法

現場作業員

雨漏りが起こる原因は様々なので、それに合わせた修理を行なう必要があります。時間が経って雨漏りが深刻化してしまう前に、業者にしっかりと修理をしてもらうと良いでしょう。

読んでみよう