防水シートの事及びその他の保守

垂れた水滴

雨漏りの修理にあたっては、この防水シートの重ね部分が剥きだしになっていないかを確認する必要があり、対策を講じます。防水シート自体は寿命も長く、劣化することはまず考えられません。よってこの部分だけを取り替えるということはまずないと言えます。その他については外壁や瓦の寿命は粘土系から窯業系、金属系、セメント系においても10年から30年といわれていますので、塗料の状態やシーリング材が劣化するとそのメンテナンスを行うことも時には必要となって来ます。

 

雨漏りについて

屋根から垂れる雨

雨漏りの原因については色々なケースが考えられます。まず屋根瓦に割れが生じた時というのがあります。普通屋根工事は野地板を張って防水シートを引き、瓦桟を横方向へ打ち付けてその上に瓦を葺いてゆきます。ものの落下などで瓦が割れることがあります。その場合には割れた瓦を新しいものに取り替えるとかシーリング材でもって雨水が浸入しない手立てを打っておく必要があります。

あと外壁のヒビ割れやサッシュと壁の間に隙間が生じたりした時に雨水が部屋内へ浸入して来る場合があります。

原因と修理について
雨漏りについては原因が何で、どこが元になっているのかを突き止める必要があります。換気扇回りとかサッシュ回りの隙間は年とともに劣化し、シーリング材も収縮してゆくので補修する必要も出て来ます。屋根は年を経るごとに雨風や直射日光、温度変化などによって劣化が進行して行きます。しかも具体的に雨漏りという状況が見られるまではなかなか気付かないものです。

屋根について原因として考えられるのは防水シートの重ねの部分に隙間が生じたことが疑われます。

 

陸屋根の防水方法

屋根と雨

洋風の陸屋根の雨漏りの場合は、FRP、シート防水などの工法があります。

シート防水というのは、シートを重ねて防水する方法でFRPよりも安価です。

修理方法としては、雨漏りする部分を切り取り、その部分にシートを重ねて防水します。

ただこの方法は、シート防水を元々している所でないといけないことや、年数がたつと劣化してくるので、3年に1度は防水トップコートという、シート防水用の防水塗料を塗るのが必須です。

FRPについては、シート防水より金額が高くなりますが、船の底を防水する方法なので、より強固な防水となります。

方法としては、防水する部分にガラス繊維を敷き詰め、FRP用の樹脂を塗り、最後に塗装します。

 

Shared hosting is usually found with cpanel hosting on most hosting companies. Always check out hostmonster review and bluehost review before making any hosting purchase.