雨漏りを改善してくれるスーパー職人~屋根の修理は業者にお任せ~

様々な原因と修理法

現場作業員

雨漏りの原因として、サッシ廻りの防水テープや防水紙の施工不備、モルタルのクラック(ひび割れ)からの漏れ、屋根の老朽化によるもの、が挙げられます。
施工不良の場合の修理は、テープやシートが張られている部分の外壁を取り除きテープを張り直して、その後取り除いた部分を補修します。
次にクラックが原因の場合、クラックの部分にコーキングと呼ばれる、固まればゴム状になる補修剤を流し込みます。ただコーキング剤は年数がたつと捲れる恐れがあります。それを防ぐためには、コーキング剤を塗装がのるものを使って、コーキングを流した後、ウレタンなどで外壁塗装することで、なくなります。
屋根の老朽化によるものでは、屋根の造りによっても修理の方法が異なります。
瓦屋根の場合、ひび割れ、瓦の下に引いている、防水シートの劣化等が、原因の時があります。瓦の差し替えで直ればいいんですが、大抵は、瓦の葺き替えや防水フェルトという、防水シートの張り直しを行って、直します。
既設瓦や防水シートを捲ってみると、雨漏りのために下地までが悪い場合があります。その時は、下地自体も張替、その上に防水シートを張り、瓦を葺き替えて修理します。

雨漏りの原因になる要素に気づくためにはプロの目が必要です。素人がいくら原因を探ってもなかなか見つけられないこともあるので、早急な改善を可能にするためにも、業者に相談することが必要になるのです。
原因に合わせた修理を行なうことでいち早く雨漏りを改善することが出来ます。
修理だけではなく、事前に雨漏りを防げるような対策をしてもらうことも大切です。