雨漏りを改善してくれるスーパー職人~屋根の修理は業者にお任せ~

雨漏り修理の方法

女性

新築して間もない比較的新しい建物でも雨漏りが発生する場合があります。その原因のほとんどは外壁、特に窓の周りや換気扇周りからの雨漏りです。
これらの開口部は、そもそも雨水に対して構造上の弱点となりうる部分だからです。ですから他の部分よりも入念な防水処理が必要になります。
通常シーリングの準用は5年ほどといわれています。新築したてなど、あまりに早くサッシから雨漏りが発生した場合には防水テープや防水紙の貼り方などの処理が適切かどうか疑われます。
防水シートを張れば完璧に防水できるわけではありません。
そもそも防水シートとは瓦の隙間から入り込んだ雨水を屋内まで浸透しないように速やかに排出することを目的としています。つまり、防水シートはそれだけで完全な防水効果があるわけではなく、屋根のもつ防水効果を高めているに過ぎないのです。
防水シートの施工は複数枚のシートを重ねて留めるという簡単なものです。当然この重ね合わせた部分には隙間もできます。特にこの部分が瓦の破損などでむき出しになってしまうと雨水が侵入しやすい状態になってしまいます。

洋風の陸屋根の雨漏りの場合は、FRP、シート防水などの工法があります。
シート防水というのは、シートを重ねて防水する方法でFRPよりも安価です。
修理方法としては、雨漏りする部分を切り取り、その部分にシートを重ねて防水します。
ただこの方法は、シート防水を元々している所でないといけないことや、年数がたつと劣化してくるので、3年に1度は防水トップコートという、シート防水用の防水塗料を塗るのが必須です。
FRPについては、シート防水より金額が高くなりますが、船の底を防水する方法なので、より強固な防水となります。
方法としては、防水する部分にガラス繊維を敷き詰め、FRP用の樹脂を塗り、最後に塗装します。